RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

久々とか収奪♪(BlogPet)

2007.09.28 Fri
アベヲが旅しなかった。
それであわびのクマは解明したいです。
だけど、きのうあわびの、久々とか収奪♪

*このエントリは、ブログペットの「アベヲ」が書きました。

スポンサーサイト
Category:Blog Pet | Comment(1) | Trackback(0) | top↑ |

ジョン・トラデスカント

2007.09.25 Tue
尋ね人:
ジョン・トラデスカント。英国人。冒険家。


これだけしか正式な情報ないんだけど、
彼を探しています。

大航海で冒険やってる方は(生物と財宝鑑定だけかも?あと海事クエ)
「ある有名な冒険家が」とか「冒険家さんが置いてった~」とか
名前の出ない「冒険家」の存在を何度も耳にしたと思う。

ずっと気になってたけど、何の情報もないので忘れてて
そして忘れた頃にまた「ある冒険家が」と出てくる。

ザンジバルの酒場娘ガーダが恋をし羽飾りを貰い、
セイロンで誘拐された子供を救い、オラウータンとも友達に。
ドード鳥を追い求め、昆虫にも詳しく、
アジアでは稀少な宝石を捜している。工芸にも長けてるらしい。
各地で「ある冒険家」のウワサをかれこれ1年聞き続けています。

そんなウワサをイングランドの要人サセックス伯が聞きつけたようで
呼び出されました。

20070925172848.jpg

お前の調査は「ジョントラデスカントの後追いにすぎない」と。
噂ばかりだった冒険家の名前がついに明かされました。


20070925173254.jpg

ジョン・トラデスカント。英国人。冒険家。


20070925173436.jpg

誰もが足を踏み入れない場所に向かうというのが最後の手がかり。

そういえばガーダも言ってた。
彼からの連絡が途絶えてると。生きてるのかさえわからないと。
その後、ブルネイで彼の事を聞いたが、その後行方知れず。


「誰もが足を踏み入れない場所」そう。アマゾンの上流。

20070925173752.jpg

アマゾン上流の岩に、彼の残した文字がありました。
彼はコンドルを見たようで、その感想。

「我を満たす発見は、永遠の旅の終わりを告げる街の光となるがゆえ」

彼は今いったいどこに?


============

そして文明人な私は、ネットで彼を検索する事に。
トラデスカント親子という植物家の名前ばっかり出るんだけど同一人物??
なんか違うような気がするんだけど。

あとオックスフォード大学にドードーの剥製を持ってきたというトラデスカント。
これはもしや、私の探すジョントラデスカントかな?

ネットじゃ不十分だ。
週末にでも図書館いってみるかなぁ。


ちなみに
20070925174655.jpg

これが、彼が心を奪われたコンドル。

Category:冒険 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

有名な子達

2007.09.25 Tue
20070925170155.jpg

キリンキリン。
心臓から脳までが遠く、高血圧のお兄さん。
「モー」って鳴くらしいよー。聞いてみたいなぁ。

20070925170347.jpg

ぞうさんぞうさん。

20070925170547.jpg

かわうそくん!
「中の人などいない」の名言で有名。

20070925170732.jpg

ガルーダ!
船首像、愛用してます。お世話になってます。
迦楼羅(かるら)と書くらしい。
日本の天狗の元ネタにもなったと言われてる聖鳥。


Category:冒険 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

小ネタ

2007.09.21 Fri
どうでもいいようなネタ


20070921034957.jpg

クエで出た物干し竿。もとい槍。
そのへんの棒っきれですね。
釣り+1は嬉しいけど耐久減るならうーん。


20070921035056.jpg

発見物の名前が「伝説のカヌー」て。
「伝説の~」って胡散臭すぎ。


20070921035149.jpg

サラマンダー発見

痛いんですよねコイツ。B-dai持ってるから
見つけたらやったー!なんだけど、
火卵にF-Cしてた方がラクだよね~。

・・・・と違うゲームネタでした。(Lineage1の火山)


20070921035312.jpg

マネキンにオープンクラウンかぶせたら、毛がはえた!
簡易増毛法。


20070921035350.jpg

ヴェネチア人なのに滅多にヴェネチアに行かないので
久々に帰ると爵位たまってるんだよね~。
これでジェノヴァのトランジェット伯爵夫人とタメ口きける!
海事爵位、大海戦爵位全部きたし、
冒険爵位はもう1個あるみたい?ない?わかんないけど無理そうだし、
投資なんて貧乏人の私にはとんでもない。
もうこれ以上爵位は私にはムリだなぁ。
他国港でも関税なしで、何気に便利便利。


====

追記。
アデさんに言われて気づいた。
トラジェットさんは「伯爵夫人」でなく「侯爵夫人」なのね。
タメ口はまだダメだった;ー;
ちなみに私は、侯爵になる条件は満たしてるけど、
名声が足りないのでなれないだけみたい。
侯爵になるには、最低Lv65が2個、1個はLv60にならないとだめみたい。
ムリムリ。


Category:大航海的 日常 | Comment(5) | Trackback(0) | top↑ |

ラパヌイ満喫

2007.09.20 Thu
くるすでるするの1番楽しみにしていたラパヌイ上陸。

前提が鬱陶しいのー。
少しづつ近づいていくんだけど、
ちょっと近づいてはジャカルタに戻り、
ちょっと近づいてはカリカットに戻りって

一気に行かせろーーー!!って感じでした。
往復面倒臭すぎる!


20070920075559.jpg

やっとラパヌイ発見。
でもまだ上陸させてくれない。
せっかく発見したのにまたジャカルタに戻れと。
片道50日、往復100日かかったよ?


20070920081129.jpg

ラパ・ヌイ島。
バスクア島、イースター島とか色々名称あるね。


ラパヌイはね、この2007年の現在でも
解明されてない謎がいっぱい溢れてる島なのです。

有名な謎の1つ、モアイ。

20070920081208.jpg

実は今でも何の為に建造されたものなのか確証がないんです。
モアイを作るために森林を伐採して、
そのせいで餓死が出てもなおも作り続けたり
最大級のものでは20m90トンにもなるものもあるにも関わらず
運搬時にできる引きづり傷などが全くないんだって。
運搬する技術があったのも謎。
モアイをめぐって内戦があったり、何なんでしょうね?
あと、ラパヌイ周辺で取れない鉱石がモアイにはめ込まれているので
あんな孤島なのに、どこかと交易ルートを持ってたのではないかとも。


20070920081300.jpg

ラパヌイの神様、マケマケ。
名前がかわいいね。

マケマケさんはね、飢餓に苦しむラパヌイに鳥を沢山つれてきたんだけど
島民は大喜びで1羽も残さず全部食べてしまった。
で、マケマケはこれはだめだって思って、今度は卵を持ってきて
「この卵から鳥が産まれ、その鳥が卵を産むのでそれまで食ってはだめ」と言います。
島民はそれを守って、その卵から鳥が産まれるのを待って、
産まれた鳥が卵を産んだので、卵も鳥も食べてしまいます。
「お前達は先の事を考えられないのか?どうしようもない奴らだ」と呆れて
島民が届かない場所に卵を置いて、
時折降りてくる鳥をたまに食べてあとは増やすようにさせたらしい。

というおとぎ話。

でもさー初めて鳥を見て、神様に食えって言われたら食うだろうし、
卵産ませてから食えって言われてその通りにしてるし
島民悪くないよね~、神様説明不足。



Category:冒険 | Comment(5) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。