RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

君に贈るレトラ

2007.06.23 Sat
悲しい恋のお話です。

複数の悲しい人生が少しづつ紐解かれていき、
最後には1本のお話につながっていく。
少しづつ謎が解かれていくのがとってもワクワクだったので
なるべくならご自分でクエストして欲しい!
なのでクエストの内容は下のmoreの所に隠しておきます。


でも、移動距離面倒だし、長い連続クエだし、財宝鑑定R14 開錠R12いるし。
めんどくせーとかネタバレ別にいいよーとか、
もうとっくに終わったよーとかの方は見て見て~。
一週間ぐらいかけて書いたから!


↓ 以下ネタバレ (もんのすごい長いです)














20070623143521.jpg

「回想と憧憬」

ヒホンにいる上品な少女。
実は両親が本当の父と母ではないと悩んでいる。
本当の母の思い出「リラ」の香りを忘れてないと。

この少女の悩みが全ての物語のはじまりでした。


20070623144224.jpg

「闘牛人気の低迷」

話は変わって、イスパニアの伝統の闘牛について。
臭いし野蛮だしあんまり好きじゃないという人が多い。
でも昔、とても人気の闘牛士がいたらしい。
そういうスターがいると盛り上がっていいもんだと。


20070623144629.jpg

「レスカトール」

前クエで噂になってたスター闘牛士、レスカトール。
元々は傭兵で剣術の腕がたつので貴族の用心棒になった。
バレンシアの競技場でパルマ公爵家の祝いの際に
彼は闘牛士としてかり出された。
従来の騎乗闘牛ではなく、徒歩で牛を一突きに絶命させ拍手喝采を受けた。
その腕もさることながら、イケメンでおまけに女性に優しい。
勇ましくイケメンで女性に優しいなんてモテないわけがないよね。

ここで出てくるのがジェノヴァのトラジェット伯爵夫人。
カテクエとかよくしてる人は知ってると思うけど、
トラジェット伯爵夫人はミーハーで股が緩そうなおばちゃん。
そんなイケメン闘牛士がいたら見逃すわけがない。

「ミカエラ」という名のフラメンコダンサーと
「レスカトール」という名の闘牛士。
彼女いわく「ずいぶん通った」らしい。さすがミーハー。

20070623145512.jpg

レスカトールの顔が印刷された当時の入場券を見せてもらいました。


20070623150249.jpg

探し物は「記憶」
クエスト画面SSとるの忘れてた。

サンディアゴにいるこの娘さんからの依頼です。
記憶喪失のこの娘は「自分の記憶」を探して欲しいと。

サンディアゴで聞き込みをすると
10年ぐらい前に異国の服を着て、男性と二人で大怪我をして倒れていたらしい。
男の方は瀕死だったが、彼女は一命をとりとめた。
しかしいままでの記憶がなくなってた。
サンディアゴの住人は彼女に「ヤシ」という名を与え、幸せに暮らしている。
彼女が倒れてたときに不思議な香りがしていたらしい。
ヒホンを思い出し「リラ」を嗅がせてみるとコレだと。
でもやっぱり記憶は思い出せない。



20070623145938.jpg

「ハプスブルグの娘」

話は戻って、ヒホンの上品な少女。
彼の育ての父が真実を話すので来て欲しいと。

ヒホンにいる街の荘園主の嫁はハプスブルグ家に仕える侍女だった。
当時ハプスブルグ家で生まれた子の乳母役を。
しかし王の浮気相手の子供なので嫡子と認められず、毒殺が決定。
荘園主の嫁は泣いてお願いして、出生の秘密を公にしないことを条件に養女として迎える。
最近になって、少女の本物の父親が会いたいと言ってきてるが断ってるらしい。



20070623151759.jpg

「天使のサパテアード」

ここでマリア王妃から突然「イスパニアの伝統舞踊」について調べて欲しいと依頼が。

20070623152057.jpg

なぜかきょどってる王女。なんか隠してるっぽいけどまあ依頼を請ける。

フラメンコというのは バイオラ(踊り手)、カンタオール(歌い手)、ギタリスト(ギター奏者)の3つが合わさってはじめて「フラメンコ」と呼ぶらしい。
セビリアの人々に聞くと、専属のギタリストを抱えた
天使のようなバイオラ「ミカエラ」という女性が居たらしい。

そのミカエラを神聖ローマ皇帝であるカール5世が、
毎日見に来て、毎日リラをプレゼントしていたらしい。


======

長い話なので1度まとめます。

ヒホンの上品な少女。
彼女は実はハプスブルグ家の嫡子らしい。
リラの香りがする本当の母を気にしながら悶々としてる。

ヒホンの街の荘園主。
嫁がハプスブルグ家の侍女で、毒殺されそうになった少女を
出生の秘密を公にしない約束で養女に迎える。

ヤシ。
サンディアゴにいる記憶喪失の娘。
瀕死の男と二人でカリブに流れ着いていたところを住民に救出される。
命は助かったものの、それ以前の記憶がない。
唯一覚えてるのはリラの香り。

レスカトール。
セビリアで有名な闘牛士。

ミカエラ。
セビリアで有名なフラメンコダンサー。
専属のギタリストと共に行動。
神聖ローマ皇帝であるカール5世が彼女のファンで
毎日リラをプレゼントしに現れたらしい。

カール5世。
ハプスブルグ家の神聖ローマ皇帝。

マリア王女。
フラメンコについて調べろと依頼。
彼女もまたハプスブルグ家の人間。


========


20070623155822.jpg

「瓶詰めの思い出」

そういえば以前話題にでてた不思議な香りの香水瓶。
ヤシが
あれを探してこいと。

20070623160024.jpg

拾ってきました。香水瓶。
ハプスブルグ家の紋章がフタに・・・。



ぼんやりとつながりがわかってきましたね。


20070623160143.jpg

「交差する運命」

サンディアゴのヤシがカリブに流れ着いた時に所持してた香水瓶。
それをヒホンの上品な少女が「同じものを持ってる」と。
荘園主に尋ねると、少女の本当の父親が、妻と娘に渡したものらしいと。
・・・・ということは、サンディアゴのヤシは上品な少女の本当の母親?
荘園主の勧めでマリア王妃のもとを訪ねる。


20070623160921.jpg


カール5世は現王女(イザベル)と婚約する前に
フラメンコ踊り手ミカエラと恋に落ち、子供を授かった。
二人は本当に幸せに暮らしていたらしい。
しかしカールの母であるフアナ王妃にバレてしまい
子供を毒殺するようにマリア王女に命令。
マリアは毒殺できず、侍女に子供を預ける。

サンディアゴの記憶喪失の娘ヤシは、フラメンコ踊り手ミカエラ。
彼女とカール5世の子供が、ヒホンの上品な少女。
ということ。



20070623161441.jpg

「遠い約束」

そういえばミカエラの専属ギタリスト。
彼はあの人気闘牛士だったレスカトールだったと思い出した人が。
レスカトールの故郷アムステルダムへ行ってみる。
彼は妹とともにアムステルダムの孤児院で育った。
妹は踊りが大好きでレスカトールが歌いながらギターを伴奏してあげてたらしい。
その妹は亡くなってしまったが、妹亡き後もレスカトールは
孤児院に寄付金を届けにたびたびやってきたらしい。

20070623161947.jpg

彼の弾いてたギター。


20070623162031.jpg

「優しい嘘」

そういえばヤシ(=ミカエラ)がカリブに流れ着いたとき
一緒に男性も流れ着いていた。
彼は今どうなってるのか?彼は誰なのか?という依頼。

カリブの住人に聞いてみると、男は「レスカトール」と名乗ってたらしい。
彼は背中を剣で切られた跡があり、重症だったらしい。
レスカトールはヤシ(=ミカエラ)の所持品(香水瓶も)を
全て処分して身元をわからないようにすると住人に告げる。

レスカトールはヤシ(=ミカエラ)を残してカリブを離れる。


「私が鳥になれるのなら、過ぎ去りしあの日に飛んでいきたい。
  純白の融雪に春を感じた森然たる中の廃屋へ、
  私を慕う恋敵と剣を交えたあの野へ、
  二人の物語が幕を開けたあのカタルーニャの水平線へ。」

という歌を残して。


20070623162812.jpg

「君に贈るレトラ」

歌が示す場所に行ってみる。

・純白の融雪に春を感じた森然たる中の廃屋へ、
レスカトールは女王陛下に刃を向けた。
生まれてきた無垢な子供マルガレーテを思い。

・私を慕う恋敵と剣を交えたあの野へ
カール5世が「ミカエラを守りたい」とレスカトールに誓う。

・二人の物語が幕を開けたあのカタルーニャの水平線へ。
「罪をつぐないにセビリアへ」


20070623163421.jpg

遺書とも呼べるこの手記。


======

ここでもう1度おさらい


ヒホンの上品な少女。
彼女の本当の名前はマルガリーテ。
神聖ローマ皇帝カール5世とミカエラの実子。
フアナ王妃の命でマリア王女に毒殺されそうになるも
身分を明かさない約束で生かされる。

ヤシ。
サンディアゴにいる記憶喪失の娘。
本当の名前はフラメンコ踊り手のミカエラ。
カール5世と恋に落ち、マルガリーテを出産。

レスカトール。
セビリアで有名な闘牛士。
後にミカエラの専属ギタリストに。
ミカエラの子供を毒殺するという王家に反発し
王妃暗殺を企てるもカール5世が「ミカエラを守る」と誓いを聞く。
ミカエラとともにカリブへ逃亡。

カール5世。
ハプスブルグ家の神聖ローマ皇帝。


20070623163512.jpg

「王の道へ…」

事の元凶カール5世から書簡を貰う。

20070623164513.jpg


全ての運命が悲しく交わったお話ですね。


20070623164724.jpg


カール5世が所持してたミカエラの踊り子衣装と思われるものを王から頂く。
これを手放すということは、カール5世は全てのふんぎりをつけて
ミカエラに別れをやっと告げれた事になるのかな。




20070623165258.jpg

「たったひとつの願い」

サンディアゴの娘、ミカエラは「ヤシ」として生きていくことを決意。
娘とレスカトールのお墓にブーゲンビリアを届けて欲しいと。

20070623165530.jpg

やはり、本当の母親に別れを告げられて複雑な思いだろうけど
気丈にも「私には4人も両親がいるなんて幸せだわ!」と。
養父である荘園主も「4人分の愛情を注ぎます」と。


20070623165739.jpg

そしてレスカトールのお墓にもブーゲンビリアを。


20070623165831.jpg


ご褒美もらっちゃったー。縫製ないけどー。





長い連続クエだったけど、すごく面白かったです。
長文読んでくれてありがとー。

Category:冒険 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<冒険いったん〆 | HOME | 女王の心>>

まだ終わってないからコメント欄だけ開いて書くけどw
やってみてぇw

トリスタンと錬金術とオーロラ姫しか連続クエ終わらせた事がないw
qjKXimFw | ぐんちゃn | URL | 2007.06.28(Thu) 18:16:55 | [EDIT] | top↑ |

オーロラ姫やってないな~。
連続クエ実はあんまりまだ手つけてなかったりする!
- | あわび | URL | 2007.06.30(Sat) 15:15:20 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://awabidol.blog81.fc2.com/tb.php/215-3b027aa9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。