RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

大航海時代オンライン グローバルサーバー

2010.06.22 Tue
[E3 2010]「大航海時代 Online」が欧米に向けて新たな船出。
いつの間にか進められていた英語圏でのサービスについて,開発プロデューサー竹田氏に聞いてみた。
http://www.4gamer.net/games/013/G001372/20100622017/


という記事が4gamerに。


記事を読んでもらった方が早いけど
大まかに言うと、北米を中心に欧州、オーストラリアなど
世界中で繋げる事ができる大航海時代オンラインの
サービスを開始するらしい。

ちなみに現在自国のサービスのある国は接続不可。
日本からグローバルサーバーの接続は不可らしいです。



国にこだわらない(日本は現時点では接続不可の方向だけど)サーバー。
これを機会に、全世界BCや全世界大海戦など
広がっていかないかなぁと私の期待。
面白そうじゃないですか?
アメリカ人vs日本人のBCとか。

料金体制や(これは後記します)実装してるアイテムの差はあるけど
プレイヤー同士が制限つければいいし。
「強化大砲不可。中型のみ。」とか
冒険や交易は世界をつなぐ面白いアイデアが私はうかばないけど
大海戦ならず、大陸戦のグローバル決闘会とかあっても面白いかも。

他のMMOで、海外サーバーと交易品の交換できるのあったなぁ。
海外サーバーとの取引専用通貨があって。


無理かなぁ。問題はいっぱいあるだろうけど。






料金体制に関してだけど、グローバルサーバーは
基本無料でアイテム課金らしいです。
そして日本サーバーは基本無料アイテム課金のシステムにする事は
「まったく考えてません」と断言されてます。
プレイヤーの希望の多さでそうしてるとおっしゃってます。

私は料金体制に関して「なるようになるんじゃないの」
「変わったら変わったでつまらなくなったら辞めたらいいじゃん」という
受動的な姿勢でしたが
KOEIさんはユーザーの要望の多さで定額制を維持するとおっしゃってます。
私みたいな暢気な構え方でなく、
要望を声に出すのは大事なんだなぁと思いました。





大航海時代オンラインはまだまだ発展しなきゃいけない部分や
改善しなきゃいけない部分が山ほどあると思ってます。
でもこうやって自分が大好きで楽しんでるゲームが
新しい発展を見せようとしてるのは、素直に嬉しいですね。




超余談。
私は大航海時代オンラインをはじめてプレイしたのは
正式サービス前のオープンベータでした。
大航海時代をモチーフにしたゲームがはじまると
当時は欧州でもかなりニュースになっていて
海外の方もたくさんベータテストに参加していました。
「自国からプレイできなくなるのか」とか「欧州のサービスはないのか」と
みんなおっしゃってました。

当時、ドイツ人の方から「一緒にPKしにいかないか?」とtellがきたの思い出しました。
お互い母国語でないつたない英語での会話でしたが、すごく楽しかったです。
PKはいかなかったけど、「今調理してるから無理」と言うと
「調理?どこで覚えられる?やりたい」と、取引支援してあげたの思い出しました。
あれから約6年?
当時の方々が思い出して、自国から
大航海時代オンラインを楽しんでくれたらなぁと思います。



Category:そのほか | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<「大航海時代 Online ~El Oriente~」Chapter3インタビュー | HOME | 交易しちゃった。>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://awabidol.blog81.fc2.com/tb.php/519-7af1e30f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。