RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

鄭和の船の大きさ

2006.12.21 Thu
20061222144446.jpg



ザンジバルでこんなクエ受けました。

まだ東南アジア入港どころか勅命も始まってないけど
東南アジアに行けるっぽいクエで、わくわくしながら請負。

=====

恥ずかしながら、私は武将とか全く詳しくなくて
「鄭和?中華業者?@@」とか真っ先に思いつくぐらい無知で。
なのでクエを受けて移動しながらwikiで調べてみた。

鄭和-Wikipedia

鄭和の船団は東南アジア、インドからアラビア半島、
アフリカにまで航海し、
最も遠い地点ではアフリカ東海岸のマリンディまで到達した。
彼の指揮した船団の中で、最大の船は宝船と呼ばれ
その全長は120メートルを超えるような大型船だったとされる。



ふむふむ。
wikiにあるように鄭和が立ち寄ったと言われるマリンディに情報を貰いに行く。
マリンディの町役人から「鄭和はキリンを持って帰ったんだよー」って教えて貰う。

先ほどの鄭和-Wikipediaを見ると、真ん中ぐらいにキリンをつれてる鄭和の絵が!
他にも、ライオン・ヒョウ・ダチョウ・シマウマ・サイとか持ち帰ったらしい。
獣臭い船だったろうなあ。


というわけでスマトラ南東部まで行って、鄭和が通った証拠を探しに。

20061222144507.jpg


船首像発見~。

性能はこんな感じ。

20061222144519.jpg



移動距離とか面倒だったけど、久々にわくわくするクエストだったわ。


Category:冒険 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<冒険、冒険。 | HOME | 収奪地図消化>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://awabidol.blog81.fc2.com/tb.php/72-48820203

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。